背中ニキビは顔と同じケア方法でいいの?違いはあるの?


顔ニキビも背中ニキビも、一度できて悪化してしまうと、何度でも繰り返すことが多いという特徴を持っています。

そして、どちらにできたニキビの場合でも、初期段階を通り越して重症化してしまった場合では、皮膚科のお世話にならざるを得なくなります。

そして、そうならないためには、重症化する前に適切なケアを行っておく必要があります。

では、背中にきびは顔ニキビと同様のケアを行って行けば予防や改善をすることができるのでしょうか?

顔ニキビと背中ニキビの原因の違いについて

ニキビは、毛穴の中にタンパク質や皮脂などの老廃物が詰まって起こるものです。

そしてその原因には、ホルモンバランスの乱れによる男性ホルモン分泌の増加、過剰なケアによる皮脂分泌の増加、メイクの洗い流し残しの詰まりなどが考えられますが、これはあくまでも顔ニキビの話であって、背中ニキビの場合では、原因が少々異なります。

背中ニキビもまた、ホルモンバランスの乱れや過剰なケアが原因となって起こることがありますが、背中ニキビの場合では、入浴時のシャンプーやコンディショナーの洗い流し残しが原因となって起こることがあります。

特にシリコン配合のシャンプーやコンディショナーは、髪の表面をコーティングする働きを持っていますが、背中に付着してしまうと、表皮の毛穴まで塞ぎ、これが背中ニキビの原因となることが少なくありません。

入浴時には、シャンプーやコンディショナーの洗い流し残しには十分に注意しましょう。

また、背中ニキビは刺激すると悪化する恐れがありますので、あくまでも優しく洗うことを心がけて下さいね。

そしてお風呂上がりの保湿ですが、背中はもともと皮脂分泌が多い部分ですので、油分の配合量が少なく、保湿成分の配合量が多いローションやボディミルク、クリームなどでケアを行いましょう。

外部からの刺激が原因になることも…

背中は毎日衣類が触れる部分であるため、衣類に汗や皮脂が付着していると、背中ニキビの原因菌を増殖させる原因になることがあります。

つまり、衣類はできる限りこまめに取り換え、清潔なものを着用することが大切であるということです。

そして、見落としてしまいがちなのが洗剤や柔軟剤ですが、お肌に刺激を与える可能性が配合されている洗剤や柔軟剤を使用した衣類の着用によって、背中ニキビができることがあります。

特に合成界面活性剤の配合量が多い洗剤や柔軟剤が衣類を通じてお肌に付着すると、それが原因となって肌荒れやニキビができやすくなると考えられています。

背中ニキビができやすいという方は、お風呂での注意事項を守ることと保湿ケアは必ず行って行く必要がありますが、それとともに、使用している洗剤や柔軟剤にも目を向けてみましょう。

そして、必要に応じて洗剤や柔軟剤を変えてみるということも必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする