背中ニキビがかゆい!眠れない!そんな時の対処法とは?


顔のニキビと同じように、背中のニキビも悪化すると赤みや痛みが出ますよね。

背中のニキビが悪化してしまうと、夜も眠れないほどかゆい思いをしたり、ニキビが痛むことがあります。

そんなときはどうすればいいのでしょうか?

お風呂で綺麗に洗うことが一番大事

背中は皮脂を分泌するための毛穴が多く、皮脂がたまりやすい場所ですが、手が届きにくく、洗いにくい場所なのでニキビができている人も多くいます。

ニキビを予防するには背中を清潔に保ち、保湿することが大事ですが、すでにできてしまったニキビの悪化を防ぐためにも、背中を清潔に保つ必要性があります。

まずはお風呂では、強くこすり過ぎないように、たくさんの泡を使って背中を洗うようにしましょう。

また、ボディタオルはナイロン製のものは肌を傷つけやすいので、シルクやコットンなど天然素材のものを使うようにしましょう。

背中ニキビがきになる方は、しっかり汚れを落とそうとゴシゴシこすってしまったりしますが、ニキビを強くこすると悪化してしまいます。

また、洗い終わった後に洗いのこしが出ないように丁寧に洗い流すことも大事です。

保湿を念入りにする

お風呂でしっかり洗った後は、保湿をすることで背中のニキビが悪化するのを防いだり、ニキビの治りを早くすることができます。

特にお風呂上がりは肌が乾燥しやすいのですぐに保湿効果の高いボディクリームを塗るようにしましょう。

乾燥はかゆみの原因となります。

ニキビは皮脂が原因でできるものなので肌の乾燥とニキビは関係がないと思われがちですが、実は肌が乾燥すると肌の水分バランスが乱れてターンオーバーが正常に行われなくなります。

それによって余分な角質や皮脂がたまってしまい、ニキビにつながるのです。

また、背中ニキビがなかなか治らない場合は皮膚科で薬を処方してもらい、お風呂上がりに塗りましょう。

パジャマ・寝具を清潔に保つ

どんなに背中を綺麗に保ち、保湿をしても、パジャマや寝具が清潔でないと、そこから細菌が感染してニキビがかゆくなったり痛くなってしまいます。

寝具は一見綺麗に見えても大量の汗をすっていますので常に乾燥させて湿気を取らなければ細菌やダニが繁殖してしまいます。

そのため、布団は少なくとも1週間に1回は干して、シーツを取り替えましょう。

また、パジャマや寝巻きも毎日変えるのが理想的です。

また、寝具やパジャマもコットンやシルクなどのコットン素材にするとより肌荒れしにくくなります。

天然素材のものは高価ですのですべて天然素材で揃えるのは難しいという方は、肌着など肌に直接触れるところだけでも天然素材のものにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする