背中ニキビの洗い方でベストな方法とは?


顔のニキビでも同様ですが、背中にニキビができると、とにかくゴシゴシと力を入れて洗い、ひたすらニキビを取ろうとする方がいます。ですが、この洗い方はNGです。

このような背中の洗い方をしていると、背中ニキビを改善するどころか、さらに悪化させてしまう恐れも出てきます。

それでは、背中ニキビを改善するための背中の洗い方について考えてみることにしましょう。

できているニキビは刺激しないこと!

あなたはもしかすると、硬いナイロンタオルで背中をゴシゴシと洗っていないでしょうか?

ナイロンタオルで背中をゴシゴシと洗うと、それだけで背中が清潔な状態になってニキビが治りそうな錯覚を覚えますよね。

ですが、実はこの背中の洗い方が、最もニキビを悪化させる可能性を広げると考えられます。

というのは、白ニキビや黒ニキビなどの初期段階のニキビならまだしも、赤ニキビ以降の悪化したニキビの場合では、ニキビとその周辺に炎症が起こっている可能性があり、ナイロンタオルで強い刺激を加えてしまうと、その炎症がさらに広がる可能性が出てくるからです。

また、洗浄成分が強すぎる石鹸やボディソープも、背中の皮脂を取り過ぎて過剰な皮脂分泌を呼び込む原因になることがありますので、石鹸やボディソープはなるべく洗浄成分が弱い低刺激性の製品を使用することをおすすめします。

最近では、背中ニキビケア用のボディソープなども販売されていますので、そのような製品を上手に活用してみるのも良いでしょう。

身体を洗う順番を考えて!

背中の過剰な皮脂分泌は背中ニキビの原因になりますが、シャンプーやコンディショナーの背中への付着が、背中ニキビの原因になることがあります。

そして、これを避けるいちばんの方法は、まず髪を洗い、最後に身体を洗うということです。

これならば、シャンプーやコンディショナーが背中に残る心配はなくなりますね。

また、浴槽のお湯にも注意して下さい。浴槽のお湯は何日間も交換せずにいると、お湯の中で雑菌が繁殖することも考えられ、これが背中ニキビを悪化させないとも限りません。

浴槽のお湯はなるべくこまめに交換して、清潔なお湯でゆっくりと身体を温めて下さいね。

お風呂上がりには清潔なタオルでお湯を拭き取りますが、このときにもニキビ部分をなるべく刺激しないように注意しましょう。

お湯を軽く拭き取ったら、低刺激性のボティローションやクリームなどで軽く保湿を行います。

背中ニキビを改善するためには、清潔な状態に保つことと絶対にニキビ部分を刺激しないこと、これが基本です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする