背中ニキビを治すにはどのくらい期間がかかりますか?


すぐにでもなくしてしまいたい背中ニキビですが、治療によって治る期間はかなり個人差が出てきますので一概には言えません。

あるクリニックでは、3カ月を目安に治る人が多いと書かれていますが、肌トラブルにも様々な症状や原因があるので、それに合った治療をしないといけません。

ですので、背中ニキビに気付いた時点で、早く手を打った方が良いと言えます。

次で取り上げるものは、それぞれの治療法の大まかな期間となります。

背中ニキビの原因とピルで治した際の期間

背中ニキビが出来る原因の一つとして、女性の体内にある男性ホルモンの過剰な分泌が上げられます。

生理周期やストレス、睡眠不足など男性ニキビは様々な要因が重なって生まれます。

その男性ホルモンの分泌が多くなると皮脂分泌が増え、ニキビの温床となります。

またニキビ全般は低用量ピルを服用することで治ると聞いたことがある方もあると思います。

低用量ピルで男性ホルモンと女性ホルモンのバランスと整えることで治るので、それも一概に期間が言えずまた軽い病状しか効きません。

ちなみにピルは、先ほども書いた通りあくまでもホルモンバランスを整えるためなので、正常なバランスが乱れて、返って背中ニキビが出来たと言う報告もあります。

それよりもニキビ自体の原因となっているかもしれない生活を、改善することが望ましいです。

薬用クリームで治す方法とその期間

続いて薬用クリームは、やはり背中ニキビを治すためにも作られているのでおすすめです。

刺激の強いものを使っていないのもあって、副作用があると言う報告を聞いたことがありません。

薬用クリームの場合は、ある商品だと大体1カ月から3カ月ほど地道に使って効果が出てくるようです。

商品によっては120日間返金保証もあるので裏を返せばやはり即効性はなく、継続して使っていくことが求められます。

ちなみにニキビが目立たなくなってきたのは2週間ほどのようです。

クリニックでホルモン剤を入れてもらう方法とその期間

低用量ピルでも治らないほど症状がおさまらない場合は、クリニックでホルモン剤を体内に入れてもらって過剰な分泌となっている皮脂自体を抑える方法があります。

女性ホルモンであるエストロゲンを抑えてガン予防にもなり、あくまで個人差がありますが3カ月から4カ月でほどで効果が生まれ、またニキビ跡も治すとしたらそこからまた2カ月から5カ月かかります。

背中ニキビを治すにはじっくり時間をかける必要がありそうです。

残念な気持ちになるかも知れませんが、永遠と悩まされるよりは数か月から半年程度で結果が出るのであればその方がずっといいのではないでしょうか。

治るまでは辛いかも知れませんが、すぐに効果がないと諦めるのではなく、長い目で治療にとりかかりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする