背中ニキビの色素沈着を治す方法をおしえて!


顔は皮脂分泌が多く、アクネ菌の繁殖によってニキビができやすい部分です。

また、背中もニキビができやすい部分ではありますが、背中はアクネ菌ではなく、マラセチア菌の繁殖によって悪化することがあります。

そして問題なのが、悪化したニキビが治ったあとの色素沈着です。

背中ニキビで色素沈着が起こるのはなぜ?

白ニキビや黒ニキビは初期段階のニキビですので、特に何もせずに放置していても自然に治ってしまうことがほとんどです。

そして、このような初期段階のニキビの場合では、治ったあとに色素沈着によるニキビ跡ができることはまずありません。

ところが、赤ニキビや黄ニキビと悪化してしまった場合では、ニキビとその周辺組織がダメージを受け、その部分にメラニン色素が作り出されることによって、色素沈着のニキビ跡が残ることがあります。

背中ニキビの色素沈着を治すには?

まず、セルフケアで色素沈着を改善したいのであれば、ピーリングケア試してみましょう。

ピーリングは古くなった表皮の角質層を剥がす効果に優れ、ターンオーバーの促進に役立ちます。

色素沈着部分のターンオーバーが遅れると、色素沈着の改善に相当な時間がかかることが考えられます。

まずはお風呂で行うことができるピーリングケアを行い、ターンオーバーの促進効果を狙ってみましょう。

おすすめのピーリングケアには、AHA石鹸の使用があります。

そして、ピーリングケアとともに色素沈着の改善に役立つのが、ビタミンC誘導体を配合している化粧水やクリームによるケアです。

ビタミンCは美白成分としてあまりにも有名な成分ですが、お肌への吸収力を高めるために科学的な加工を加えた成分がビタミンC誘導体です。

セルフで背中ニキビの色素沈着を改善したいのであれば、ピーリングケア+ビタミンC誘導体によるケアがいちばんおすすめできるケア方法であるといえるでしょう。

レーザー治療という方法も!

セルフケアで背中ニキビの色素沈着がなかなか改善できないときには、美容クリニックや美容皮膚科でレーザー治療を受けてみるというのもひとつの方法です。

これらの医療機関では、CO2レーザーなどをはじめとするレーザーで色素沈着を改善することができますし、場合によってはハイドロキノン+トレチノキンという外用薬で色素沈着の改善治療を受けることもできます。

セルフケアで効果を得ることができない場合には、ひとまず医療機関に相談して、これらの治療も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする