背中ニキビを柔軟剤が刺激する?


背中ニキビの改善のために薬をつけているけど、なかなか治らなくて…という方、それはもしかすると、衣類をお洗濯する際に使用している柔軟剤が原因かもしれません。

柔軟剤は衣類の肌触りを滑らかにし、着心地を良くする効果に優れていますが、その反面、素肌に触れる機会があると、その配合成分によってニキビを刺激してしまうことがあります。

柔軟剤が背中ニキビを刺激するって本当?

私たちがお洗濯の際に使用しているほとんどの洗剤や柔軟剤には、合成界面活性剤が配合されていますので、この成分が直接お肌に触れると背中ニキビを刺激する可能性があります。

合成界面活性剤は潜在だけに配合されているというイメージがあるかもしれませんが、実は柔軟剤にも配合されています。

そして、合成界面活性剤の役割は、衣類に付着した外部からの汚れや、毛穴から分泌されてきた汗や皮脂を綺麗に落とすというところにあります。

ところが、この成分が残っている衣類がお肌に直接触れた場合では、本来であればお肌に残しておくべき皮脂を取り除いてしまうことがあり、それによってお肌のバリア機能が破壊されてしまう可能性もあります。

すると、その部分のお肌はいつも以上に敏感な状態になり、常在菌に対する抵抗力が弱まってニキビができやすくなると考えられます。

特に肌着に合成界面活性剤が残っていた場合には、直接肌着に触れる機会が多い背中にニキビができやすくなります。

つまり、薬をつけても背中ニキビがなかなか治らないという方は、ひとまず合成界面活性剤配合の柔軟剤の使用を中止してみて、様子を見ることが必要であるということです。

柔軟剤を使用せずに衣類をふんわりさせるには?

まず、すべての柔軟剤に合成界面活性剤が配合されているわけではなく、合成界面活性剤不使用で、敏感肌やアレルギー肌の方に対応している柔軟剤も販売されていますので、そのような製品で試してみるというのがひとつ目の方法です。

そしてふたつ目には、クエン酸水溶液を柔軟剤として代用してみるという方法があります。

使用方法はとても簡単、市販されているクエン酸で水溶液を作り、普段のお洗濯の際に柔軟剤の変わりに使用するだけです。

実際にこの方法を試してみるとすぐに確認することができますが、これだけで驚くほど衣類がふんわりと仕上がります。

また、香りがないのはちょっと寂しい…というのであれば、乾いたお洗濯ものに水で希釈したエッセンシャルオイルを軽くスプレーするという方法がおすすめです。

エッセンシャルオイルは専門店やバラエティショップでも購入することができますし、インターネットでも購入することができますので、香りがないと寂しいという方は、ぜひ、試してみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする