背中ニキビの治し方 即効で効果がある方法と言えば?


背中にニキビがあるというだけで、温泉やプールに行くのが憂鬱になるという方は意外に多いのではないでしょうか。

背中は身体の各部位の中でも比較的皮脂分泌が多く、ニキビができやすい場所です。

そして、ひとたび背中ニキビができてしまった場合では、適切なケアを行わない限り、なかなか完治させることができません。

では、背中ニキビを早く治すにはどうすれば良いのでしょうか。

代謝機能をアップさせる工夫を行う

運動で汗をかき、代謝機能をアップさせると良い。

こう聞くと、背中ニキビに悩む多くの方は驚くかもしれませんね。

それは、汗をかくことによって、さらに背中ニキビが悪化してしまうイメージをお持ちの方が多いからです。

確かに、運動で流した汗をそのまま放置していれば、それを餌とするアクネ菌などが繁殖しやすくなるのは当然です。

ですが、運動後にその汗をきちんと洗い流すのであれば、運動によって代謝機能が向上し、お肌のターンオーバー促進効果を狙うことができます。

お肌のターンオーバー周期が整えば、背中ニキビ部分の肌細胞も早いスピードで入れ替わると考えられますので、これが背中ニキビの改善につながります。

また、肌着や寝具はこまめに取り換え、常に清潔なものを使用するというのも、背中ニキビの改善に役立ちますよ。

背中ニキビケア用の製品でケアする

背中ニキビをできるだけ早く治したいのであれば、ニキビ部分を刺激しないことが鉄則です。

それにまず、強い洗浄成分が配合されている石鹸やボディソープの使用を中止して、背中ニキビケア用のボディソープに替えることです。

そして、シャンプーやコンディショナーの洗い流し残しがないように注意します。

また、お風呂上がりには、必ず背中ニキビケア用のローションやクリームなどでケアを行っておきます。

これらを行うだけで、高い確率で背中ニキビ改善効果を期待することができるでしょう。

ただし、赤ニキビがさらに悪化して黄ニキビ状態になってしまっている方の場合では、これらの方法でセルフケアを行うことも大切ですが、まずは皮膚科で適切な処置を受けとおくことが大切です。

皮膚科では、面ぽう圧出などの方法でニキビの芯を取り除き、その後に適切な処置を行ってくれます。

白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビであれば、今回ご紹介したセルフケアで対処することが可能ですが、ニキビ部分が化膿した状態の黄ニキビとなっている方の場合では、素人判断でセルフケアを行う前に、まずは皮膚科で適切な処置を受けておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする